主婦がカードローンでキャッシングするための条件!

shufu

今や一人一枚と言っても決して過言では無いほど不可欠な存在となった消費者金融や銀行系カードローンが取り扱うキャッシングカードです。

ですが、お金を借りるためには所定の審査にパスする必要があり、誰でも簡単にキャッシングが出来るワケではありません。

審査を受けるためにも大きく2つの申込み条件があり、満20歳以上を迎えていることと、仕事をしていて収入が安定しているということです。

これら条件をクリアしていることにより初めてカードローンの審査を受けることが出来ます。

主婦のキャッシング1

そして審査では申込書に書かれている内容と個人信用情報センターに保存されている過去のキャッシング履歴を参照し、「本当にこの人へ融資を行っても返済してくれるだろうか?」ということを入念にチェックします。

過去に借り入れをしていた場合、毎月期日前に返済をしていれば問題ありませんが、何度も返済遅延をしていたり、返済が困難になり債務整理をしているとブラックとなり、決められた期間内は新たにお金を借りることが出来なくなります。

主婦のキャッシング2

では主婦のカードローン利用やキャッシングの場合はどうでしょうか?

同じ主婦でも夫の収入のみで生計を立てている「専業主婦」の場合、本人が仕事をして収入を得ているのではありませんので、残念ながら殆どのカードローンを利用することは出来ません。

主婦のキャッシング3

ただし、イオン銀行カードローンなどの銀行系カードローンの中には、ハッキリと「専業主婦OK」と宣伝しているタイプもあることから、そのようなカードローンへ申込みをするようにしましょう。

しかし、そのような場合のほとんどは旦那さんに収入がなければ借りれない「配偶者貸付」となるため、専業主婦が旦那さんに内緒でお金を借りるというのは難しいかも知れません。

主婦のキャッシング4

また、専業主婦ではなく「パートをしている主婦」でしたら本人に収入がありますので、満20歳以上になっていれば融資の申込みが可能になります。

注意したいのが日雇いパートやたまにしか仕事をしていないパート主婦の場合、各社が定める安定収入を満たしていないため審査で断られてしまう可能性が高くなります。

業種は何でも構いませんので、とにかく最低でも週3日以上パートに入り、毎月安定した収入を得ていることが大切なのです。

主婦のキャッシング5

このように専業主婦は基本的には本人名義でのキャッシングはできず、パートをしている主婦であれば自分名義で家族に内緒で借り入れすることは可能となります。

最近のカードローンでは「働いていて安定収入」があるのであれば、仮に学生さんでもお金を借りることは可能です。
※学生のキャッシングについてはこちら⇒学生 借入れ

主婦といえどそれは同じことなので、もし旦那さんや家族にバレないでお金を借りたいのであれば、専業主婦の人はまずはパートなどをして収入を得るのがお勧めかもしれませんね。

公開日:
最終更新日:2017/02/09